One Chicago

【海外ドラマ】シカゴ・ファイア、シカゴPD、シカゴ・メッド、シカゴ・ジャスティスのあらすじ&感想

【シカゴ・ファイア】シーズン2第19話の感想&あらすじ(ジョーンズの決断の余波)

シカゴファイアクラークシーズン2

Photo credit: Elizabeth Morris/NBC | 2013 NBCUniversal Media, LLC

「シカゴ・ファイア」シーズン2第19話のあらすじ&感想です。

やった、クラーク戻って来た?

 

以下、ネタバレ

【シカゴ・ファイア】シーズン2第19話のあらすじ

ジョーンズの死にショックを受ける消防士たち。ギャビーにジョーンズの遺書が届きます。

ミルズは「みんなもっとジョーンズに優しくすべきだったんだ」と言い、ハーマンは「ジョーンズが死んだのは俺たちのせいだと言うのか?」と怒ります。二人の仲は悪化。

ミルズとハーマンはついに喧嘩になり、ハーマンが自分が一番最後にジョーンズに会った人であることで自責の念に駆られていたことが明らかになります。

ケイシーはギャビーへの婚約指輪を買いに行きます。ケイシーに頼まれてシェイもお店に来ます。「ギャビーにはこれ」と、二人は同じ指輪を選びます。

クラークは異動となり、25分署で隊長になります。

セブライドたちはデイブの面会に行きますが、デイブはリハビリ施設からチェックアウトしていました。同僚を10人失ったことでかつてデイブを責めた部下がデイブの元にやってきて謝ります。「あなたが俺たちを止めなかったら、俺たちも死んでいた。この子さえ生まれてなかった」といって幼い娘の写真をみせます。涙を流すデイブ。

ボーデンはドナに会いに行き、自分の気持ちを伝えます。ドナはボーデンに、ボーデンの子を妊娠したことを告げます(!!)

 

救助シーン

・ガソリンスタンドで火事。運転手の男性がバカすぎる!!車が引火して爆発するかと思ったわ。

・スティーブンス・ジョンソン症候群の少女

・交通事故でバスから少女が投げ出されて行方不明

 

【シカゴ・ファイア】シーズン2第19話の感想

ジョーンズが自殺してしまったのはショックでしたね~。やっとチームに馴染んできたところで、ボーデンもケイシーもサポートしていこうと決意したところだったのに…

ミルズはずっとジョーンズを励ましてたし、ハーマンも何かちょっとおかしいと気づいて声をかけていたので、この二人が一番キツイかもですね。助けられたはず・・・って。ギャビーもちょっとは責任感じて欲しい。

遺書に「あんたのせいよ、クソビッチ」って書いてあったら面白かったのに…

クラークいつのまに異動なんてことになってんの!?でも隊長になったのね!まあ分かるわ、有能だし、頼れるもの。

でもクラーク見れなくなっちゃうのかしら?

それはちょっと寂しい…キャラ的にはクラークが一番好きなので。

クラークがハーマンからのハグを拒否してましたよね。アメリカ人はだいたいハグするんだけど…実はうちの旦那もハグを拒否します。私と娘と、あとよっぽど気に入ってる人以外はハグしないんですよ…なんか触れるのがイヤみたいですよ。クラークも元軍人の設定ですけど、軍人はそういうところがあるんでしょうか?それともPTSDのせい?

そんでギャビーが「ジョーンズの父ちゃんはジョーンズからすべてを奪おうとした!!」なーんて、みんなの前でジョーンズの父を糾弾。そしてギャビー節「地区チーフだろうが誰だろうが構わない、あの男を私に近付けたらボコボコにしてやる!」

でた~。あんた…いつもジョーンズのこと目の上のたんこぶみたいに思ってたくせに…今になってジョーンズのミカタぶるなんて…

まるでジョーンズの親友としてジョーンズの消防士になるという夢をサポートしていたかのように振る舞ってますけど…

おまけに喪に服すジョーンズの父のところに行って「ジョーンズは素晴らしい消防士になっていたはず」ですってよ!

娘を失った父の苦しみも分からないのでしょうか。ジョーンズの父はジョーンズが鬱を患っているから仕事のストレスに耐えられないと思っていたんですね。父の思いも何も知らず、部外者がとやかく言うのは失礼この上ないわ。

ギャビーっていつも相手の心情お構いなしに自分の感情を押し付けるよね。そこが嫌いな理由の一つ。自分が正しいって思い込んでるんだよね。

ジョーンズをしのんで一人でボーリングしているところにハーマンがビールもってやってくるとか、これいいわ~!!

デイブのくだりは良かったね。また泣いちゃったよ。

ボーデンも泣いたね、この回。男の涙ってなんかグッとくるわ。

そんでもってドナが妊娠!???