One Chicago

【海外ドラマ】シカゴ・ファイア、シカゴPD、シカゴ・メッド、シカゴ・ジャスティスのあらすじ&感想

【シカゴ・ファイア】シーズン2第16話の感想&あらすじ(シカゴPDのボイトとエリンも出るよ)

シカゴファイアシカゴPDPhoto credit: Elizabeth Morris/NBC | 2013 NBCUniversal Media, LLC

「シカゴ・ファイア」シーズン2第16話のあらすじ&感想です。

シカゴPDのボイトとエリンが登場します。

やっぱりボイトが登場すると、雰囲気がグッと締まる気がする。

 

以下、ネタバレ

【シカゴ・ファイア】シーズン2第16話のあらすじ

キーナーが行方不明になったことで、第一容疑者となるセブライド。シカゴPDに呼ばれ、エリンとボイトに質問を受けます。

また、オーティスもエリンに呼び出され、質問を受けます。

そんな時、ケイティの事件をききつけたビニーがシカゴにやってきます。

セブライドはビニーの様子から、キーナーが行方不明なのはビニーが関与していることを確信。

ビニーはボイトに会いに行き、真相を告白します。

ボイトは「しばらくシカゴを離れるんだ」と言って、ビニーを見逃します。

ハーマンは結婚記念日のシンディへのプレゼントとして、パイプカットを受けます(笑)。

 

救助シーン

・交通事故で1台は引火、もう1台は建物に突っ込み、地下室にいた母親と赤ちゃんが車の下敷きになりそう

・銃で撃たれて雪の上に倒れている男性を救急車の中で手当てしていたら、ギャングが銃を持ってとどめを刺しに来たので、後部ドアのカギを閉めるギャビー。救急車を走らせて身を隠す。監視カメラ越しにギャビーに無線連絡する男性のおかげで助かる。

・建物の階段が崩落して、男性が意識を失ったまま宙づりに。一番体重の軽いジョーンズが、自分をロープで降ろしてくれとケイシーに申し出ます。

 

【シカゴ・ファイア】シーズン2第16話の感想

ジョーンズさん…相変わらず少しズレているというか、空気が読めない人ですね…ハーマンにアレの形をしたケーキを渡すとか…仲間になろうと思って一生懸命なんだろうけど、空回りしすぎ(笑)おそろしく空気が読めない人です。

でも父親にあんなに消防士の仕事を下ろされそうになってて気の毒…

ケイシーが「バンビを殺すようなものだ…」なんてボーデンに言ってたけど。

キーナーがいなくなったのは、ベニーの仕業だったんですね…まさか本当に行動に移すとは…でも娘ですからね~気持ちは分かります。

そしてなんと…ボイトがベニーを見逃すとは…!!

「シカゴをしばらく離れるんだ」「お前はいい父親だ」なんて、かっちょいい~~

ここがボイトのいいところなんだよな~

法を無視しちゃう(笑)ダークヒーローは結構好きだわ。

ボイトみたいな父ちゃん欲しいです。

ハーマンのパイプカットのアイデアと、奥さんのシンディのエピソードがめっちゃ面白いです!!!

シンディ大好き!

こういう夫婦になりたいな~って思いますね。

アメリカ人配偶者のいいところは、こうして思いをちゃんと言葉にしてくれるところです。

ハーマンのシンディへの言葉が素敵でしたね。「男として最高の20年間をありがとう!!」なんて素敵~

私もあまりアイラブユーなんて旦那には言わないんですが、感謝の気持ちや、結婚した相手が旦那で良かったことなどは、できる限り伝えるようにしています。

次回の感想はこちら→【シカゴ・ファイア】シーズン2第17話の感想&あらすじ(ネタバレ)ストーカー?