One Chicago

【海外ドラマ】シカゴ・ファイア、シカゴPD、シカゴ・メッド、シカゴ・ジャスティスのあらすじ&感想

【シカゴ・ファイア】シーズン2第11話の感想&あらすじ(ネタバレ)ギャビーがアカデミーへ

f:id:oclife:20170514083353j:plain

Photo credit: Elizabeth Morris/NBC | 2013 NBCUniversal Media, LLC

「シカゴ・ファイア」シーズン2第11話のあらすじ&感想です。

前回、火災現場で赤ちゃんを助けた時に危機的状況に陥ったケイシーはどうなったのでしょうか!?

今回は、クラーク絡みで、シカゴPDのジェイ・ホルステッド、アントニオが登場します。シカゴPDの正規オフィスも初めて公開されました。

 

以下、ネタバレ

【シカゴ・ファイア】シーズン2第11話のあらすじ

医者からも仕事の復帰OKが出たケイシーは、消防士の仕事に戻ります。ケイシーとギャビーは、職場のみんなに交際していることを話します。仕事に復帰したケイシーですが、ロッカーの暗証番号を思いだせなかったりと少し不安なことが起こります。

ケリーは消防士の学校で候補生の訓練をすることに。ギャビーは消防士の学校に通い始め、ケリー指導の下、消防士の訓練を受けることになります。ギャビーの穴埋めで、新しい女性救命士アリソンが入ってきます。

クラークは嫁がお金を借りてた男の殺人事件について、黙秘を続けますが、ついに自分のアリバイを証明する人物の連絡先をホルステッドに渡します。

 

救助シーン

・工事現場に車が突っ込んだ様子?運転手の首に鉄の棒が刺さっています。

・闇医者が豊尻手術をしていた様子で、手術が失敗したようで闇医者が患者を置いて逃亡。

 ・火災の連絡を受けて宝石商?へ行きますが…

 

【シカゴ・ファイア】シーズン2第11話の感想

ミルズはギャビーへの気持ちに踏ん切りがついていたようですね。良かった。ミルズいい奴ですよね。

美容整形のシーンがめちゃキモでした。

ウェ~!!!太ももからなんか出てきた~。

近年、美容整形が流行っていますよね。アメリカでは特に豊胸、豊尻が流行ってます。でも手術の失敗が多いことはあまり報道されておらず…整形手術失敗のドキュメンタリードラマがあるので、興味のある方は見てみてください。

確か数年前も、美尻命のブラジルで、ミス・ブンブン(毎年ブラジルで行われる美尻コンテストの優勝者)のアンドレッサさんが、お尻に入れてあったフィラーのせいで筋肉を腐り始めて、足を切り落とす寸前にまでいったことがニュースになっていました。写真を見ましたが、すごかった…足に穴がいくつもあいてました。もちろん元の美しい姿に戻ることはできず。

アンドレッサさんは他にも、鼻、アゴ、豊胸、陰部のアレ縮小などもやっていたので、整形ってのはやっぱりアディクション(中毒)になるんですね。

シェイの新しいパートナー「アリソン」が最初の方、シェイを完全無視してたので、え~なにこの人、またタラみたいな地雷人が入って来たの?と思いましたが、そうではなくてホッとしましたね。

あと消防アカデミー(学校)の女性ジョーンズさんは苦手だわ。めちゃくちゃ張り切ってて、さっそくケリーに仲間のこと告げ口してて、おまけに偉い人の娘だって。ケリーがそのことで一瞬ジョーンズをクビにしたのも凄いですけどね。でもケリーのこういうところ好きだな。

オーティスとケイティ…う~んと思いましたが、なんか可愛い。ケリーに睨まれるオーティスが面白くて。いいなぁ、ケリーみたいなお兄ちゃんいたら最高。

ケイシーが病院に会いに行った男性、誰だっけ?って思ったら、冒頭の首に鉄棒が刺さったお兄さんか!!ケイシー…いい奴だな。

次回の感想はこちら→【シカゴ・ファイア】シーズン2第12話の感想&あらすじ(ネタバレ)ドナ登場