One Chicago

【海外ドラマ】シカゴ・ファイア、シカゴPD、シカゴ・メッド、シカゴ・ジャスティスのあらすじ&感想

【シカゴ・ファイア】シーズン2第7話の感想&あらすじ(電車の脱線事故で死傷者多数!)

シカゴファイアシーズン2

Photo credit: NBC | 2013 NBCUniversal Media, LLC

「シカゴ・ファイア」シーズン2第7話のあらすじ&感想です。

今回の救助シーンは非常に記憶に残るエピソードでした。大変見ごたえのある回です。

電車の衝突事故で死傷者多数の悲劇的な事故で、消防士、救命士、医者の限界が試されます。

また、シカゴの医者を扱った医療ドラマのスピンオフが連想できるようなエピソードでもありました。(その後、予想通り、スピンオフ「シカゴ・メッド」が誕生しています。)

 

以下、ネタバレ

【シカゴ・ファイア】シーズン2第7話のあらすじ

ボーデン署長は検査の数値が良くないことから肺の精密検査をします。また、署のみんなに自分が退職することを告げます。

ケリーは以前、父ベニーが道で話していた若い女性と浮気をしているのでは、と疑い、直接女性に会いに行きます。しかし女性はなんとベニーの娘(21歳)だと言うことが分かります。

シェイはデヴォンと夜な夜な遊び歩くようになり、仕事にも遅れ気味に。救助の際も、目の前で自殺した男性のことがトラウマになっています。

母ヘザーが早々に出所できるようになり、息子たちは大喜び。

救助シーンは、電車の脱線事故です。車やトラックを巻き込み、電車は倉庫に突っ込んでいます。また、ガスタンカーが横倒しになっていて、いつ引火するか分からない状態です。

消防士たちの手が足りない中、消火活動とともに電車内に閉じ込められた人達を救助します。

 

【シカゴ・ファイア】シーズン2第7話の感想

f:id:oclife:20170512023613j:plain

Photo credit: NBC / 水をはく姿も美しいケリー・セブライド(テイラー・キニー)

まずボーデン署長の肺の状態が気になって仕方ありませんでした。まさか…とは思いましたが、でも何もなくて良かった!!

そしてケリーが父ベニーの浮気相手と疑った女性がなんと異母妹とは!!複雑な心境ですよね、ケリーとしては。21歳ということで、ちょうどケリーと母を置いてベニーが家を出て行ったときなので、やはり浮気が原因でした。

そんなベニーはこれまた他の女性と結婚してて息子もいます。ベニー、究極の恋愛体質。ケリーがモテモテなのも親譲りというわけですが、ケリーは父ベニーのようにはなるまいと思ってるんですよね。

しかし少なくとも3人の女性と子どもを作るとは…養育費どうやって払ってたんだろうか、と思ったけど、ケリーはもうとっくにいい大人だし、異母妹は21歳だから数年前に養育費の義務は終わってるから、今は息子たちだけ?年が離れてるからなんとかなったのかも。

妹のケイティも、なんとなくケリーに似てますね。ダークヘアのブルーアイズ。 可愛い。この二人は仲良くしてほしいな!

クラークの奥さんが登場しましたね。クラークが派兵から戻ってきて一番奥さんを必要としていたときに奥さんは出て行ったようです。

今回は電車の脱線事故という大きな事故なので、多くは救助活動の回でした。

ハーマン超危なかった!!ボーデンさすが!!

レイクショアからのトラウマ外科医デビッド・アラータが登場するのですが、この人がすごい良かった。彼はこのあとも、シカゴPDとのクロスオーバー回「Dark Day」にも出演しますよ!

シカゴ・メッドに出て欲しいなと思ってたんですが、残念ながらシカゴ・メッドのキャストは全然違う人になってしまったんですよね。非常に残念です。

シェイはかなりのトラウマを抱えてしまってますよね。知り合いに自殺を目撃した人がいるんですが、その人もかなりトラウマになってしまい、精神的に不安定になってしまいました。

おまけにギャビーが「あんたのせい」みたいなこと言うから。ギャビー、いまさら話し合おうとしたって遅いよ。自分が言ったこと忘れたの?

軍隊の衛生兵ウェストンの人が可哀想だった。自分が死ぬのも構わず、他の人を助けていましたね。

ミルズとボーデンの間にあったトゲがようやく抜かれることになって、ほっとしました。二人ともいい人だから、トゲが刺さったままの二人を見ているの辛かった。

ベニーも前回は署長やるって言ったから「なんだこいつ」と思ったけど、正気に戻ったのか、ボーデンに譲りましたね。たぶん、ケリーとの関係をこれ以上悪くしたくなかったんだろうな。自分を振り返ったのかもしれませんね。

見応えのある回でした! 何回か泣きました。

でもヘザーの決断には賛成できないな。子供たちはお父さんを亡くした悲劇からやっと立ち直りつつあって、それはケイシーのおかげでもあって、ケイシーという父親的な存在もまた失うことになるのだから。ヘザーは子供たちのことより自分の感情の方が優先な気がする。

次回の感想はこちら→【シカゴ・ファイア】シーズン2第8話の感想&あらすじ(エリン&ボイト登場)