One Chicago

【海外ドラマ】シカゴ・ファイア、シカゴPD、シカゴ・メッド、シカゴ・ジャスティスのあらすじ&感想

【シカゴ・ファイア】シーズン2第2話の感想あらすじ(放火魔はあの人!?)

シカゴファイアシーズン2ケリーとレネー

Photo credit: NBC | 2013 NBCUniversal Media, LLC

「シカゴ・ファイア」シーズン2第2話のあらすじ&感想です。

 

以下、ネタバレ

【シカゴ・ファイア】シーズン2第2話のあらすじ

ケイシーは飲酒運転で逮捕されてしまったヘザーの代わりに、ヘザーの息子二人の面倒を見ます。

ヘザーの長男は、父の死の影響で消防署内に立ち入ることを拒否。

ヘザーの車に同乗していた友人が死んでしまい、ヘザーは過失致死罪に問われることに。

ヘザーが刑務所にいる間、ヘザーに頼まれて、ケイシーは15か月間、息子二人を見ることにします。

ケリーは、お腹の子が自分の子じゃない可能性がないのか、レネーに直接問います。ケリーに平手打ちをかますレネー。

でも結局お腹の子はケリーの子じゃなく、レネーはケリーに別れを告げて、出て行きます。

ケリーはシェイが新しく見つけたアパートで再び同居することにします。

ケリーを狙っていたと思われた放火魔ですが、ミルズのママのレストランも放火され、ケリーは51分署に恨みのある消防士が犯人だと推測します。

また、シカゴ消防局のマクラウドがやってきて、署内にゲストや子供を連れて来るのは違反だと言います。ハーマンとオーティスは消防署内に密告者がいて、それが新しく入って来たレスキュー隊のクラークだと考えます。

 

救助シーンは

・高速で交通事故。モバイルホームが横転していて、バイクの男性がその下敷きになっています。また、事故車の後部座席から幼い男の子が逃げ出したようで、ケイシーとギャビーが探します。

・ミルズのママのレストランが放火されます。

 

【シカゴ・ファイア】シーズン2第2話の感想

画像でレネーが着ているグリーンのワンピースがカワイイわ~

美人は何を着ても似合うわね。

そして嘘がつくのが下手なセブライド。なにかおかしいってすぐ分かっちゃう態度。

そしてレネーがセブライドにビンタ!!お腹の子が本当にセブライドの子だったら怒るのはもっともだけど。

結局、お腹の子はやはりセブライドの子ではなく、スペインで出会った一夜限りの男性との子でした…ガーン…

ケリーとレネーのお別れはあっけなく、ビターなものでした。とはいってもケリーの立場では何も言えないですよね。レネーのことは好きだけれども、こればかりはどうにもならないと思います。辛い別れでした。レネーも辛かったと思う。ケリーもかける声が見つからなかった。

でもレネーも潔い女性だと思う。

だけどワンナイトスタンドなら、避妊しないと!!

 

ヘザーは消防士の夫を亡くしたと思ったら今度は自分が飲酒運転で逮捕の上、友人を死なせてしまったという、悲惨な状況にになってしまいましたね。お父さんを亡くしたばかりなのに、なにより息子二人が特に気の毒です。

飲酒運転のことをアメリカではDUIと言います。DUIは Driving Under Influence の略です。飲酒運転はアメリカでは重罪と捉えられており、DUIを食らったとなると、まるで人を殺してしまったかのような深刻な捉え方をします。

私の旦那の兄弟でもDUIで捕まってしまったことがあるのですが、彼は私の旦那にしか言わず、誰にも秘密にしています。「実は…DUIで捕まってしまったんだ…」みたいな深刻な雰囲気なのです。

日本では罰則が高いという認識の方が強いかもしれませんが、アメリカでは罪として重い認識があります。

 

ギャビーが目を付けたジェイは!?

ハンサムだけどなんとなく影があると思ったら…でもレジの金は取ってませんでしたよね???単なる窃盗犯には見えないけど…果たしてどうなるのでしょうか!?

あとギャビーが色気出しまくりで気持ち悪いです。なんかいつもギラギラしてるのがイヤ。なんでこの人がヒロイン役なんだろう…

 

そして放火魔はなんとあの人!!!忘れてたわ~!!!こいつね!!!

ケリー、ナイス推測!!

シーズン2も最初からワクワクするドラマが展開しています!