One Chicago

【海外ドラマ】シカゴ・ファイア、シカゴPD、シカゴ・メッド、シカゴ・ジャスティスのあらすじ&感想

【シカゴ・ファイア】シーズン1第18話の感想あらすじ(ボーデンとベニーがヒートアップ)

シカゴファイアシーズン1

Photo credit: Elizabeth Morris/NBC | 2013 NBCUniversal Media, LLC

「シカゴ・ファイア」シーズン1第18話のあらすじ&感想です。

 

以下、ネタバレ

【シカゴ・ファイア】シーズン1第18話のあらすじ

セブライドの父ベニーとボーデン署長の不仲がヒートアップします。

ミルズはついに父の死の真相をベニーに尋ねるのですが…

セブライドの父ベニーとボーデン署長の不仲がヒートアップします。

ミルズはついに父の死の真相をベニーに尋ねるのですが…

シェイはサイトで精子ドナーを探しているうちに、51分署内の消防士仲間が登録されているのを偶然発見します。精子ドナーを探すのに疲れたシェイは、ケリーに精子ドナーの提供者になってくれないかと打診します。

レストランが2件放火され、同じオーナーが悲嘆にくれます。ケリーとベニーは現場に戻って調べます。

 救助シーンは

・レストランの放火

・同じ所有者のおじいさんのもう一つのレストランが放火

・そのレストランの脇にいたホームレスが巻き添えになり死亡

 

【シカゴ・ファイア】シーズン1第18話の感想

冒頭からヒヤリとする火災シーンでしたね。ケイシーに火がついて、クルーズが助けます。ナイスジョブ、クルーズ!

二度もレストランを放火されて可哀想すぎる。おじいちゃんとおばあちゃんなのに…と思ったら保険金目当ての放火かよ!!

そしてヘザーのケイシーへのお誘いは続きます。車で消防署に来た時もしっかり胸の谷間を出してましたね…そして手料理を食べさせて「誰もいない家に帰るのってイヤよね」ってボディタッチちょっとデスパレート過ぎますよ。天国の旦那に怒られますよ。やっぱり相手が必死だと引くなー。

そして予想通り、ケイシーは親友の奥さんとは付き合えないって断りました。そらそうだよね。他の人ならどうか分からないけど、ケイシーだもん。誠実な人だよね。しかもセリフが格好いい。

「アンディは親友だった。そして君は親友の妻だ。I think we should honor that...」だって…格好良すぎる!!

でもヘザーが超絶不服そう。

ベニーとボーデンが口論しているのをケリーが仲裁するという…子供か!ケイシーも面白いな、ベニーとボーデンに「ホースで水かけなくていいですか(頭を冷やさせましょうか)」とか洒落たセリフを言いますね。

ケリーも板挟みになって気の毒でしたね。

セブライドの父はわざわざ古傷を開く必要ないのにと思いますが、まっすぐな性格なんでしょうね。他人に横柄だと思われてもヘンリー・ミルズが英雄として称賛されているのが許せないのでしょう。ケリーと似てるところがあるかもしれない。

でもそれでなんでベニーとボーデンがあそこまで険悪になるのかが疑問かな。ボーデンがヘンリー・ミルズの失態をかばっているのも許せないんだろうけど、あそこまで険悪になる???

それに、父ヘンリー・ミルズがそうだったからといって、ピーター・ミルズに八つ当たりしてピーターも同じ穴のむじなみたいに言うのは大人げないですよね。

でも正直ベニーがいなくなってホッとしました。ベニーがいる回は、消防士のドラマより人間ドラマの方に比重が多くなるので、個人的にあんまり面白くないんですよね。

ケリーとシェイの子どもなんて超美形が生まれそう。

次回の感想はこちら→【シカゴ・ファイア】シーズン1第19話の感想&あらすじ(洗濯シュートに挟まった少年)