One Chicago

【海外ドラマ】シカゴ・ファイア、シカゴPD、シカゴ・メッド、シカゴ・ジャスティスのあらすじ&感想

【シカゴ・ファイア】シーズン1第14話の感想&あらすじ(ケイシー母出所)

シカゴファイアシーズン1第14話シェイ

Photo credit: Elizabeth Morris/NBC | 2012 NBCUniversal Media, LLC

「シカゴ・ファイア」シーズン1第14話のあらすじ&感想です。

今回はアントニオ・ドーソンが登場します。

 

以下、ネタバレ

【シカゴ・ファイア】シーズン1第14話のあらすじ

ケリーが肩の手術を受けて1か月が経過。

手術は成功し、ケリーはフル完治してレスキュー隊に復帰します。

ケリーの不在を埋めるため、エリック・ウェイリー隊長が51分署にヘルプに来ています。ケリーは、以前はエリックと友人でしたが、エリックの妹と婚約していたそうで、少し気まずい雰囲気。

バーの火災現場にマフィアが姿を現します。

クルーズは救助の現場で無鉄砲な行動にでます。

ギャビーはミルズに送るはずのメッセージを間違ってケイシーに送ってしまい、ミルズと付き合付ていることがケイシーにバレてしまいます。

ケイシーの母が出所し、共同生活を始めるケイシーですが、ケイシーの母はペンパルの新しい男とディナーに出かけます。(ケイシーが会った人じゃない別の男)

ハーマンは火災のあったバーを買うことにし、ドーソンとオーティスも話に乗るのですが、サイレント・パートナーにマフィアらしき影が…

クラリスに男の子が生まれます。

売春とドラッグのヘビーな事件を担当していたアントニオは危険な目に遭います。

 

 救助シーンは

・交通事故(電柱か何かに突っ込んで運転手逃亡、助手席女性は腕にヘロインをうった跡があり、病院に搬送)

・バーの火災

・致死的なヘロイン摂取

 

【シカゴ・ファイア】シーズン1第14話の感想

う~ん見事な肉体美だ・・・ケリー

手術は成功し、完全に消防士の仕事に復帰できることに。

え?

回復に6ヶ月いや1年かかるって話は…?

あれだけ薬に依存して大変だった話はどこへやら、あっという間に完治してしまいました。

リハビリもなし?

ディック・ウルフ監督のドラマは、ロー&オーダーSVU、シカゴ・ファイア、シカゴPDとどれも好きですが、結構こういうことがあります。長~く引っ張っといてあれ?いつのまに完結?みたいな。起承転結の結がない感じです。

 

まあケリーが1年レスキュー隊離れてしまってはドラマが成り立たないので仕方ないのですが、もう少し手術の様子だとか、リハビリとか見せても良かったんじゃないかなと個人的には思います。リハビリにはげむケリーの姿とか見てみたかったし。

今回はシカゴPDのアントニオが登場♪

アントニオは無精ひげが生えてるほうが格好いいわ。

今まで生きてきて気付かなかったんですが、私はヒゲの男性がけっこう好きなようです。男性は多少ヒゲがあった方がセクシーなのよ。

日本で永久脱毛しに行った時、美容外科の先生(男性)の顔がツルッツルで、ヒゲの跡も何もなくて(永久脱毛済み)、なんだか気持ち悪かったですよ…そのときは母ちゃんも一緒にほくろ除去に行ったんだけど「あの先生、顔がつるつるで毛がなくてなんだか気持ち悪いねぇ」なんて言ってました。

整形もそうですけど、自然の摂理に逆らうとやはりどこか異様というか、違和感が出てしまうんだと思います。

ケリーが婚約を破棄したのは、レネー(最近のレネーではなくエリックの妹のレネー)が結婚式の前に元カレと寝てしまったからで、最後まで真相を話さなかったケリー、男らしいですね~。

ケイシーは母ちゃんのことで忙しいのですが、ケイシーの母ちゃんはドラ息子ならぬドラ母ちゃんでした。仮出所でサポートしてくれたリックという男とは別れ、今度は違う男と出かける母ちゃん。

こんな母ちゃん、イヤすぎる。

でも母ちゃんにも毅然とした態度のケイシー、やっぱり格好いい。

そしてなんと、アントニオが…!!

次回の感想はこちら→【シカゴ・ファイア】シーズン1第15話の感想あらすじ(ボイト再登場&アントニオは無事!?)