One Chicago

【海外ドラマ】シカゴ・ファイア、シカゴPD、シカゴ・メッド、シカゴ・ジャスティスのあらすじ&感想

【シカゴ・ファイア】シーズン1第10話の感想&あらすじ(ネタバレ)

シカゴファイアケリーセブライド消防士

Photo credit: Elizabeth Morris/NBC | 2012 NBCUniversal Media, LLC

「シカゴ・ファイア」シーズン1第10話の感想&あらすじです。

【シカゴ・ファイア】シーズン1第10話のあらすじ

お金持ちの家の台所で火事が発生。しかし、その後、家主が5万ドルのネックレスがなくなりケイシー、ハーマン、マウチ、クルーズ、オーティス、ミルズが盗んだと訴えたことから、内部調査が行われることに。

弟レオンをギャングから救うために1万ドルを払えと言われているクルーズ。弟が心配で気が気じゃありません。そんな時、火災現場でギャングのリーダーを見つけるクルーズですが...

ギャビーはいとこのクリスマスパーティにケイシーを誘います。

また、ケリーにこっそり痛み止めを渡していたシェイですが、痛み止めが紛失したことがバレてしまいます。

 

【シカゴ・ファイア】シーズン1第10話の感想

ケリーが痛み止めのことで責任を取ろうとしないどころか(できないけど)、それでも痛み止めを飲み続けているあたり、ちょっと苛々しますね~。ケリーに足りないところはそこかな!ケイシーのような責任感が足りないというか、まだお子ちゃまっぽいというか。シェイが愛想尽かすのも分かるわ。何回裏切ったか。

ギャビーがケイシーに長年好意を抱くのも分かりますよね~。ケイシーみたいな男性、いいなぁ♥誠実で責任感があって部下思いで、言うことないですよね~。息子がいたらケイシーみたいに育ってほしいわ。

ネックレスはクルーズが取ったんじゃないかとドキドキしましたけど、そうじゃなくて良かった。

なんで家の主がネックレスなくなった!って騒いだのかと言うと、おそらく保険金目当てですね。5万ドル相当もの貴金属なら紛失保険をかけてあるでしょうから。

内務調査官がムカつくわ~。

ケイシーのお母さんのせいで、ケイシーはお姉さんと疎遠になっていたのね。お母さんのせいでお父さんが亡くなり、ケイシーがお母さんをかばっているという構図ですね。

 

火事なのに、建物の中から消防士たちに向かって発砲するってバカなの?ギャングとか本当嫌い!!

でも最上階で死にそうになっていたのがまさかギャングの親玉とは!そして彼をクルーズが助けなかったのはビックリしました。おそらく、助けていたら、ギャングのリーダーはきっと弟レオンをギャングから抜けさせてくれてたでしょう。でもこれまですでに弟をボコボコにしたり、敵対するギャングを殺したりしている悪人ですからね…

でも罪の意識に苛まれるクルーズ、今後がちょっと心配ですね。

 

シェイを「ちょっと待て」と呼んで、見つめるボーデン署長は、まるでお父さんのよう。何か隠していることもボーデン署長は知っていて、それでも何も言わないという…

ケリーとレネーがさっそく結ばれるわけですが、この二人のメイクラブシーンは美貌すぎる…同じ人間とは思えません。

けどレネーとケリーは合わない気がしますね。ケミストリーが感じられない。それに世界が違うというか、人種が違う気がします。ケリーは消防士で、レネーは国際金融のハイソな世界。一方はビアー飲んでるけど、一方はカロリーの少ないマルガリータですからね、合わないって。長続きはしないでしょう。

 

そしてケイシーとギャビー!キスするかと思いきゃ、ケイシー唇をかわしてほっぺにチュー!!

これは…ギャビーの立場だったら凄い傷つくわ…でも余計にケイシーが好きになりますね…ハリーという婚約者と距離を置き始めたばかりだからとキスをしないケイシー、誠実すぎる!!ギャビーは傷ついてそこまで考えられなかったようだけど。

 

そして最後の事故シーンは衝撃!!二人は大丈夫なのでしょうか…

次回の感想はこちら→【シカゴ・ファイア】シーズン1第11話の感想&あらすじ(ケリーが〇〇を決意)