One Chicago

【海外ドラマ】シカゴ・ファイア、シカゴPD、シカゴ・メッド、シカゴ・ジャスティスのあらすじ&感想

【シカゴ・ファイア】シーズン1第9話の感想&あらすじ(バーガスが…)

f:id:oclife:20170421054938j:plain

Photo credit: Elizabeth Morris/NBC | 2012 NBCUniversal Media, LLC

「シカゴ・ファイア」シーズン1第9話の感想&あらすじです。

【シカゴ・ファイア】シーズン1第9話のあらすじ

工場の火災現場でレスキュー隊のホゼ・バーガスが化学薬品を吸ってしまいます。

ダンプスター(ゴミ箱)への放火が続き、現場で毎回同じ少年の姿を見かけることから、消防士たちは少年による放火を疑います。ボーデン署長は、少年を助けようとしますが…。

クルーズは、自分の弟をギャングから抜けさせようとします。

ケリーは救助した美人のレネーからデートの誘いを受けます。

 

【シカゴ・ファイア】シーズン1第9話の感想

救助シーンは工場と、途中で停まってしまったエレベーターです。

さて今回の目玉は準レギュラーで出演している消防士ホゼ・バーガスです。

バーガスは工場で化学薬品を吸い込んでしまうんですね。

かねてからこのバーガスがなぜかクリーピー(ブキミ)だったんで、そのうちきっと何かあるだろうと思ってたんですが、まさか負傷するとは。

化学薬品のせいで、肺が損傷、今後も悪化の一途をたどるなんて…あんな一瞬で…化学薬品は怖いですね。。

でもバーガスが消防署に戻って来た時もだけど、ケリーの態度が微妙というか、ケリーはバーガスが苦手ですよね。。それがドラマ上のものなのか、俳優さんの相性が悪いのかは分かりませんけど。

ホセ・バーガスを演じるのはモー・ギリーニですが、実はレバノンとキューバの血をひいている俳優さんで、メキシコ系ではないんですね。

消防士さんは仕事に命を懸けてるし、消防の仕事ができないとなると、絶望してしまいますよね。バーガスは特に張り切っていたし。

でもバーガスの腐れ具合がちょっと酷い気もしますよね。ケリーへの返しとか、ミルズへの返しとか。バーガスを気遣って話しかけているのに「ポジション空いてよかったな!!」みたいな皮肉とか…

そして「いつでも立ち寄れって言ってたよね~」なーんて、次の日に戻ってきちゃうとか…気まずすぎる…バーガスはいわゆる「空気読めない人」かもしれない。え?いますよ、KYはアメリカにも。

まあ、16年間も消防士やってきて希望だったレスキュー隊につけてすぐにこんな目に遭えば、空気読んでなんかいられないか…

 

さて今回はゲストにサラ・シャヒが登場!綺麗ですね~。

Lの世界のカルメン、パーソン・オブ・インタレストでサミーン・ショウを演じている女優さんですね。イラン人とスペイン人のハーフのアメリカ人です。実は身長が160cmくらいと、割と低いんですね。でもなんと柔道黒帯!!あの引き締まった体ですからねーきっとなにかマーシャルアーツやってるだろうと思いましたけど。

金持ちのキャリアウーマンの役ですが、サラ・シャヒはパーソン・オブ・インタレストのショウのようなダークなイメージの役の方が似合う気がします。

それにしてもケリーみたいなグッドルッキングガイに救出されちゃったら、絶対好きになっちゃいますよね~。現実にこんなのあり得ないだろうな~

私もアメリカで事故に巻き込まれた時に、消防士の方が駆けつけて首にネックカラー巻かれたり、ボードで運ばれたりしましたけど、自分の周りに大きな男性が3名くらいいそいそと面倒見てくれるんで、なんだか女王様になった気分でしたよ。事故のショックで顔なんか見てる余裕ありませんでしたけど。

でもケリーはレネーの誘いを一度断るんですね~。美人なのにな~なんて思うんですけど、なんとなくケリーの好みではない気はしますね。ケリーは美人でも、もうちょっと素朴な女性が好みなんだろうな。レネーみたいにあか抜けたタイプではなく、ミルズの姉妹みたいな人の方が好きなんでしょうね。

一時的にハリーと距離を置くことにしたケイシーにさっそくギャビーがモーションをかけてますよ…ケイシーに声をかけて話しかける時のあの嬉しそうな顔…

恋人と別れた時は絶好のチャンスではあるけれど、私はイヤだなぁ…現に私も別れた直後にすぐ付き合うとかしたことはないし、頭や感情を整理するためにしばらく一人でいるタイプです。うちの旦那もそうなんですよね。

でもアメリカ人はけっこう別れてすぐに他の人と結ばれたりって結構多いかも…

次回、第10話はこちら→【シカゴ・ファイア】シーズン1第10話の感想&あらすじ(ネタバレ)