One Chicago

【海外ドラマ】シカゴ・ファイア、シカゴPD、シカゴ・メッド、シカゴ・ジャスティスのあらすじ&感想

【シカゴ・ファイア】シーズン1第6話のあらすじ&感想~Rear View Mirror~

f:id:oclife:20170418141608j:plain

Photo by Jean Whiteside/NBC | 2012 NBCUniversal Media, LLC

「シカゴ・ファイア」シーズン1第6話のあらすじ&感想です。

 【シカゴ・ファイア】シーズン1第6話のあらすじ

規則を破った処置をして命を助けた少女の件で、ギャビーは停職処分の聴聞会に出廷することに。

ボイトに脅されたハリーは、報告書を撤回するようギャビーの口からマットを説得してほしいと頼みます。

マットは決心を変えず、ついにボイトはマットを貶める罠を仕掛けます。怒ったマットはボイトの家へ行って直接対決!

しかしボイトは命を懸けても息子を守る構えであることが分かり、もうどうしていいか分からないケイシー。

そんな時、ひょんなところからケイシーに助っ人が現れます。

 

【シカゴ・ファイア】シーズン1第4話の感想

ボイトがすごいですねー。至る所にヒョッコリ現れて、ケイシーを動揺させるんだけど、またボイトのセリフが憎たらしいんだわ~。

日本では嫌われるに決まってますが、アメリカだとこういう風に相手を最高に苛立たせられるっていうのは、必ずしも悪いことじゃありません。

特にうちのアメリカ人の旦那もそういうタイプで、相手が誰でも最高に怒らせることができるんですが、正直、それが羨ましかったりもします。

まあ、アメリカ人でもボイトみたいに嫌われることは嫌われますけどね。でも嫌いな相手とか対立する相手あってのことですから、こういう相手を怒らせることを言えるスキルってのも凄いもんだなぁ…なんて思うんですよ。

なぜかって相手を怒らせることができれば、アッパーハンドを握れるからです。

私なんか人の気持ちとか考えちゃうタイプだから、人の気分を害しないようにと慎ましく生きてるんで、とても彼やボイトのようにはなれません。

でもボイトを見ても分かるように、こういう人は周りから一目置かれるわけです。それは「あの人は素晴らしい」というリスペクトではなく、「あいつには手を出すな」というリスペクトなのです。詳しくは別ブログのこちらの記事に書いてみました→なぜアメリカ人は人に嫌われても平気なのか?アメリカ人旦那を観察して考えてみた

しっかし、ボイトのこの「只者じゃない感」は凄くないですか?俳優と言えども。

ボイト最悪だけど、でも好きなんだよな~~。愛すべき憎まれキャラなんですよ。

あっ…だから私はボイトのような旦那と結婚したんですか?

 

ギャビーはさぁ…停職処分になりそうで、その聴聞会があるので組合代表のマウチがその準備をしているっていうのに、何なんですかその態度?ろくに聞きもせず「マウチ、あんたならなんとかできるわよね」って、お前の停職処分だろうが!

だから嫌いなんですよねぇ。自分はやりたい放題やって、そのケツ拭きを他人がやって当然みたいな女王様態度が。

そのあとの救助活動で、バスの中で首を撃たれた男性を助けるために喉の切開をしなきゃ死ぬっていう時のギャビーのあの態度は「はあっ!???」と本気で殴りたくなりました。

でもシェイはすでにトラブルになっているギャビーがさらにトラブルになるのが分かっているから、自分が責任を負って「私がやる、メス貸して」と…なんていい奴なんでしょう、シェイ。チーフにも「私の判断です。責任は私が取ります」と責任を被るシェイ。ギャビー本当にヤダ。

聴聞会でもマウチのアドバイスをまったく無視して、「子どもの命を救うことが有罪になるならプロトコルを変えることね!!」と逆に説教まで垂れちゃった。マウチが、ギャビーが救った女の子とその両親を聴聞会に呼んでいたこともつゆ知らず。

ギャビーのおかげで命が助かったのは事実だけど、「命を救ったんだから私は正しいのよ!」という開き直りはいけませんよ。自分の専門外の処置をすることが禁じられているのにそれを破ってしまったのだから、その点はきちんと認識すべきなわけで、ギャビーの場合はそれがないから嫌いなんだよね。

 

おまけにハリーに頼まれたことをケイシーに言うけど、ケイシーに「なんで自分ならやらないであろうことをやれと言うの?」と疑念を抱かせて、これ絶対ハリーとケイシーの仲を壊す心理が働いている。ハリーがギャビーに相談しに行った時に、「あーやべーよやべーよ、ギャビーのせいでマットと喧嘩する羽目になるわよ~やめとめやめとけ~」なんて思ってたけど

 

そしてついにボイトがケイシーを直接罠に嵌めようとして〇〇を仕掛けたシーンは、冷や冷やものでした。気分はまるでハリーよ!

ボイトが銃を向けた時は本当に撃つんじゃないかと思いましたね。

 

消防士たちが出動する時は本当に格好いい…

今回は高い建物の火事の救出劇がスゴかったです!

火が勢いを増して、ケーシーがドアを抑えていて、そこからハシゴへ脱出するシーン!

ケイシーを助けるのはもちろんセブライド。ハシゴをぐるっと回って上に乗せるって凄いですよね。。。消防士の装備って数十キロありますよね。

 

そして終盤はなんと!!

ケイシーvsボイトの戦いに終止符が打たれます。

というのもケイシーに嬉しい助っ人が現れたからですね。

さすがに自分の命とママの命を命懸けで助けられちゃ、恩に報いたくなりますよね。

助っ人の人がボイトに会って、it ain't for me っていうところで超スッキリ!!

3話から苦しめられてきましたが、最後はあっけない終わり方でしたね。

でも something tells me this is not the end of it...ボイトはきっと戻って来ると思ったら…

シカゴPDに戻ってきました~。

シカゴPDはこんなドラマです。

www.realoclife.com

次回、シカゴ・ファイアのシーズン1第7話はこちら→【シカゴ・ファイア】シーズン1第7話の感想&あらすじ(ケリーがピンチ)