One Chicago

【海外ドラマ】シカゴ・ファイア、シカゴPD、シカゴ・メッド、シカゴ・ジャスティスのあらすじ&感想

海外ドラマ【シカゴPD】シーズン1第2話のあらすじ&感想~Wrong Side of the Bars~(ネタバレ)

f:id:oclife:20170410105644j:plain

Matt Dinerstein/NBC | 2013 NBCUniversal Media, LLC

シカゴPDシーズン1第2話は、引き続きコロンビアのカルテルとの戦いの話です。

「シカゴPD」は基本、一話完結型ですが、今回は第1話から続いているので、第1話を見てからの方が楽しめます。

前回のあらすじ&感想はこちら。

www.onechicagocity.com

 

以下、ネタバレ注意

【シカゴPD】シーズン1第2話のあらすじ 

息子ディエゴを誘拐されたアントニオ。

パルポを夜12時までに釈放しなければ、息子を殺すと脅迫されます。

カルテルの中間職の男アーネストを張り込むインテリジェンス。しかしルゼックの軽率な行動でアーネストに気付かれてしまい、アーネストは逃亡。エリンが途中でアーネストに襲われるという失態に。

その後、アントニオの情報提供者ジャスミンからの情報で、アーネストを確保。

アーネストを脅して、ディエゴを誘拐した男の名前(マテオ)を吐かせます。

マテオの携帯から場所を突き止め、マテオを射殺、ディエゴを無事に取り戻します。

事件解決&ディエゴを無事に取り戻したことを署長は高く評価。「インテリジェンス」チームを「ボイト流」に運営していくことを許可します。

 

【シカゴPD】シーズン1第2話の感想

スピード感ありますね。

シカゴPDの見どころはこのスピード感、展開の早さかな。

アントニオの息子ディエゴが無事で良かった!

ルゼックがヘマをやってイライラしました。この回以来、ルゼックがあまり好きになれないんだよなー。

アーネストが現れるのを待って張り込みしている時のオリンスキーが、めっちゃホームレスそのものに扮しててすげえ!さすが潜入捜査官(という設定)。というかオリンスキー役のイライアス・コティーズさんが上手いんでしょうねー。

イライアス・コティーズさんは名脇役です。

映画でもよく見かけますが、脇役で映えるというかピカッと光る(頭がじゃなくて)俳優ですね。

あとバスの中でエリンがちょっと刑事の演技をやり過ぎなのが気になりましたね。

不自然すぎて、あれじゃあマテオじゃなくても気づくだろ!って具合に。

もうちょっと自然にしないとさぁ…刑事なんだから…

でも刑事さんてけっこう独特の雰囲気を醸しているから、逆に変装が難しいかもしれませんねー。

内務調査課の女性との会話が気になるなー。犯罪者ってのは警察内部のことなんだろうか、それとも普通のハイエンド犯罪者? 

次回、第3話はこちら→【シカゴPD】シーズン1第3話のあらすじ&感想(ネタバレ)